So-net無料ブログ作成
検索選択

ボーカル上達に必要なものとは?

TSU75_micmotute-thumb-1000xauto-15999.jpg
俺(私)は将来プロのボーカルを目指すんだ!
では上達するには何が必要なのでしょうか。
【シアーミュージック】無料体験レッスン募集プログラム


当然日々の練習が重要ですがまずは声を出すことからですね。
自分のキーなども知らなければどの音域で歌えば良いか分かりません。

そこで上達するのに必要なのが正しい腹式呼吸です。
腹式呼吸が出来なければ直ぐに声が枯れてしまいます。
でもこれは簡単にマスターできるのです。

方法としては寝ながら普通に話すだけです。
これがお腹から声を出した状態になります。
他にも腹筋をすると安定した声が出せます。

あとはリズムや音程もつかむことが大事です。
リズム感がないと歌いだしのタイミングがズレますし、
音程がつかめなければ音痴に聞こえてしまいます。

リズム感も音程もやはり最初はきちんと曲を聞いて覚えることが重要です。
それからカラオケなどで歌ってみると良いでしょう。

あとはジョギングで肺活量も鍛えると声が出しやすくなって歌いやすくなります。
息も続くようになるのでロングトーンなんかにはおすすめですね。


そして自分一人では上達したかどうかも分かりませんし、 歌を聞いてもらう必要があります。 スクールなどでボイトレを受けるのも必要だと思います。
【シアーミュージック】無料体験レッスン募集プログラム

まずはできることから始めるのがボーカルの上達方法だと思います。

タグ:ボーカル 上達
2015-09-22 | 共通テーマ:趣味・カルチャー | nice!(0) | 編集

発音の練習にはこれ

発音をはっきりさせることで聞きやすい声になります。
ボーカリストやカラオケ、もちろん普段の日常会話でも大事ですね。

おすすめの練習方法としては喉を開かせる事です。
割り箸やピンポン玉などを加えると喉が開きます。
これらを加えた状態で5分程話してみて下さい。
「あー」と話すだけでOKです。
詳しい詳細はこちらを見て下さいね。
↓↓↓
割り箸やピンポン玉の使い方


歌う時は舌や顔にも気を付けて下さい。
顔は伸ばすような感じでリラックスした感じで歌います。
スマイルを心がけた顔で歌うのがおすすめですよ(笑)
歌う前に顔を伸ばすように口を開くと良いですよ。

舌は奥の方を下げます。
下に付けるイメージです。

他にも伸ばすストレッチも行って下さい。
股関節などを伸ばして歌うとより歌いやすくなりますよ。

リップロールやタングロールも重要なのでこちらをご覧下さいね。
↓↓↓
リップロールとタングロールの仕方

タグ:練習 発音
2015-09-22 | 共通テーマ:趣味・カルチャー | nice!(0) | 編集

高音を上達させるためにはどんな練習が必要?

ボーカリストになるためには高い音域も出せるようになりたいですよね。
とは言え高音はなかなか簡単にはマスターできません。

でもだからと諦める必要はありませんよ。
高音は実は上げられるものなのです。

キーを数個上げるのは可能です。

それでは高音を出すためにはどんな練習が有効なのかお話したいと思います。

高音が出やすい口の形ってご存知ですか?
「の」になっているときが一番出しやすいのです。

それで「のうのうのうのうのう~」と声に出して繰り返し練習して下さい、
それを5分くらいを目安に発声練習をすると効果があります。

そして難しいとは思いますがサビなどの高い音域の時は、
「の」の字を心がけて歌いましょう


おすすめな方法は少し難しいかもと思うキーの曲で試すのが良いです。
もちろん出ないのであればそれより一つ下げたりしましょう。


日々練習すれば高音は上達しますよ。

タグ:練習 上達 高音
2015-09-21 | 共通テーマ:趣味・カルチャー | nice!(0) | 編集

カラオケのレッスンには精密採点DXが有効なのか?

精密採点DXというDAMのカラオケ採点マシンはご存知でしょうか?
たかが機械かもしれませんが、カラオケのレッスンには中々有効なものですよ。

もちろん参考程度にとどめて欲しいのですが以下の分析ができます。
・音程
・抑揚
ロングトーン&ビブラート
・安定性
・リズム
などのデータです。

より細かくなるのでとても参考になりますよ。

もし行うのであれば正確なデータを取るためにエコーとマイク音量は0にしましょう。
その方が音を拾います。

特に音程正確率が重要になってきます。
まずは80以上の音程正確率を取れるようにしましょう。
あまり低いと音程が違っている可能性が高いです。

そのためにもキー設定などが重要になってきます。

抑揚はマイクを少し近づけたり離すと良いです。

勿論精密採点DXは採点マシンなので全て受け入れる必要はありません。
ただカラオケに行ったらレッスンとしてやるのもおすすめです。

2015-09-21 | 共通テーマ:趣味・カルチャー | nice!(0) | 編集

音痴でもボーカルはできるのか

m030221.jpg
音痴でもボーカリストなれるのか?
色々と不安はあるかと思います。

では音痴でもプロのボーカリストにはなれるのでしょうか?
【シアーミュージック】無料体験レッスン募集プログラム


もちろん100%とは言えませんが可能性は十分あるので安心して下さい。
ミスチルのようなプロ歌手にもなれる可能性はあります。

ただ日々の練習は欠かせんませんよ。

基本が出来なければ当然なれません。

そのためにはまずは自分の音痴である原因を明確にして下さい。

だいたいは曲をちゃんと聞いていないか、 出ない音の高さで歌っているからです。
当然自分の出る音の高さを知る必要がありますし、
歌う曲を何度も聞く必要があります。

あとは喉声も良くありません。
お腹から歌うように切り替えないとなりません。

無理のないように高い歌声で歌うのが一番良いです。
そもそもギリギリの音の高さで歌うと聞いている方も気持ちよくありません。

まずは曲をきちんと覚えてキー設定をして、 腹式呼吸で歌うようにしましょう。
【シアーミュージック】無料体験レッスン募集プログラム

タグ:ボーカル 音痴
2015-09-21 | 共通テーマ:趣味・カルチャー | nice!(0) | 編集

カラオケを上達させる練習方法はこれで

NKJ52_karaokeutauonnanoko-thumb-1000xauto-15422.jpg
カラオケは練習におすすめの場所です。
金額もリーズナブルですし週に数回行くと良いでしょう。

それではカラオケに行ったら何をすれば良いのかお話します。

名一杯練習するためにヒトカラが良いです。

そしてマイクは使わず歌ってみましょう。
最初はきついかもしれませんが声量が上がります。 きついと感じたら無理せずに出せる音域で歌って下さい。

それとDAMともに登録しておくて歌を録ることができます。
歌い終わったら聞いてチェックしましょう。
無料なので是非試してみて下さい。

更にDAMの場合、ボイストレーニングもできるので練習前にしてみる事をおすすめします。
音域のチェックやビブラートやロングトーンなどできるメニューが様々です。

もしボーカルのスキルを上達させるのであればカラオケに行くのもおすすめです。

【シアーミュージック】無料体験レッスン募集プログラム

2015-09-21 | 共通テーマ:趣味・カルチャー | nice!(0) | 編集

クリアな声は割り箸を使えば良いのか?

クリアな声になりたい。
もし滑舌など悪くはっきりした声になりたいのであれば割り箸を使った練習をして下さい。

割り箸を加えてしゃべることで喉が開いて声が出しやすくなります。
【シアーミュージック】無料体験レッスン募集プログラム

高音を出すのにもおすすめの方法です。

手法としては割り箸を二本加えてやればOKです。 この二本加えてしゃべっている状態が喉が良い感じに開いているのです。これを行うことで喉の開きを覚えます。

一日目安として5分か10分くらい行うだけで大分効果があります。

割り箸以外にもピンポン玉などで行うのもOKです。

毎日欠かさずに行えばあなたはクリアな声になって、
高音も出しやすくなるので歌える曲のレパートリーが増えて楽しくなりますよ。

これを1~2ヶ月毎日欠かさずに行えばクリアで綺麗な歌声になるでしょう。

まずは一度騙されたと思って是非今日からでも実践して下さいね。
【シアーミュージック】無料体験レッスン募集プログラム

2015-09-21 | 共通テーマ:趣味・カルチャー | nice!(0) | 編集

ビブラートとロングトーンを上達させる方法とは

ボーカルで大事なスキルと言えばビブラートとロングトーンですね。
勿論これ以外にも大事なものはありますが、
このスキルは毎日欠かさずに行わないと身に付かないスキルです。
なのでより練習する必要があります。

でもそこまで深く悩む必要はありません。
毎日短い時間でも見付けることができます。
次のように練習をして下さい。


○ビブラート
簡単に見つけることができるとっておきの方法があります。
ビブラートと聞くと声を波のように揺らすイメージですがもっと分かりやすくできます。

まずは普通に「あああああ」と声に出して下さい。

次に「あーあーあーあー」と伸ばして声に出して下さい。

次は伸ばす箇所を短くして下さい。
イメージとしては「あ-あ-あ-あ-」と声にします。

それ早くして下さい。
どうでしょう?
それっぽくビブラートになっているはずです。



○ロングトーン
5秒吸って5秒吐く呼吸をしましょう。
吐くときはゆっくりと少しずつ吐いて下さい。
30回行うので計300秒します。
まずは短くてOKです。
なれたら吸う秒数と吐く秒数を増やしていきましょう。

次に「あーーーー」と声に出して何秒続くのか試して下さい。
声がブレないように一定の音の高さで実践して下さい。
最初はできる範囲内で実践し慣れてきたらロングトーンの長さを増やしていきましょう。


以上の練習を合わせて10分で良いので毎日実践しましょう。

2015-09-21 | 共通テーマ:趣味・カルチャー | nice!(0) | 編集

ボーカル上達法には教室は良いのか?

効果があるかどうかわからないけどボイトレ教室に行く事を考えている。
本当にボイトレ教室は行くべきなのか?
答えはまずは試しに行くと良いと思います。

というのもの近年では無料で体験レッスンを受けられるからです。
そこでその後は行くかどうかを決めればいいと思います。

またボーカルを目指す際に自力で練習するのも良いですが、
やはり個人では限界があります。

プロのボイトレの先生からレッスンを受ける事で、
人との繋がりもできますし間違った解釈をしなくて済みます。

独学も良いですが間違った解釈では逆効果です。

特に初心者の方には有効です。

もちろん通う余裕がなければ無理に行く必要もないでしょう。
あくまでも一つの方法と思って頂けたらと思います。

まずは無料レッスンでボーカルの教室に行ってみると良いでしょう。

2015-09-21 | 共通テーマ:趣味・カルチャー | nice!(0) | 編集

歌う前に良いとさせるリップロールとは?

歌う前に何かしていますか?
ウォーミングアップにはリップロールが効果的です。

リップロールとは唇をブルブルさせる事を言います。
言葉だと分かりにくいかもしれませんが、
唇を何回も揺らす感じですね。

リップロールがどうして良いのかと言いますと、
喉の通りが良くなり歌いやすくなるからです。

喉も温まるので歌いやすさが増します。

これと似たような方法でタングロールというのもあります。
これは舌を揺らす感じのものです。
何かの結果発表の時に流れてくる「ジャガジャガジャガジャガジャーン」
というような音ですね(笑)

ポイントとしては舌を上あごに当て舌を何度も揺らす感じです。
何度も当てると扇風機みたいな感じになります(笑)

とは言えこれだけでは分かりにくいですよね。
詳しい方法は下記の動画をご覧下さい。


一日およそ5分くらいやれば良いでしょう。
気が向いたときに行えばOKです。

2015-09-21 | 共通テーマ:趣味・カルチャー | nice!(0) | 編集
Copyright © ボーカルが上達するために必要なことはこのサイトで All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。